未分類

11月 09, 2019

このところ、良いお天気が続いているので、毎日大豆の収穫を進めています。

今日は、「ナカセンナリ」という品種の刈り取りをしました。

夏に、あの青々とした緑の葉を一面に広げ、9月には美味しい枝豆を恵んでくれた大豆たち。

今、畑はこんな様子です。すでに枝葉は落ち、茶色く枯れているでしょう?

近づいて、よくよく見ると、大豆のさやがぶら下がっています。

そして、さやを割ると、きれいな丸い大豆が、ほぼ出来上がっています!

この大豆がこぼれ落ちてしまわないように丁寧に茎を切り、ネットや袋に入れて、ハウスへ移動。

ハウスの中でさらに乾かしてから、棒ではたいてさやから落とします。

そして今度はふるいにかけて、ごみや傷ついた豆を取り除きます。

最後に、一粒一粒をハンドピックでより分けて、きれいな大豆だけを商品にするのです。。

最後のハンドピックが、気の遠くなるような作業なのですが、冬の間に頑張りたいと思います~!



8月 12, 2019

今日も、日中は30度を超えたのではないでしょうか、、

でも、母屋の中は、涼やかです。。

午後、3ニャンたちがそろって涼んでいる姿をパチリ!

陽射しが強い外は、暑くて暑くて、母屋で伸びているに限るニャン、、



8月 12, 2019

暑い毎日ですね、、

でも、朝夕の風には、秋の気配を感じています。

秋の虫の音にも、草花にも。

先日ご宿泊のお客様、ウッドデッキでのモーニングの際に、幻想的な霧に包まれた景色を見て、「なんか、バリみたいだなって思いました。。」とおしゃってくださいました。

その日の朝の景色は、農楽母さんも、「ああ、バリみたい、、シュピースの絵画みたいだな、、ヤシの木はないけれど、、」と感じていましたので、お客さまと、バリの話で盛り上がりました!

知らずに、バリ好きの人が集まってくれるというのは、なんかとても嬉しいですね、、

何だか、またまたバリに行きたくなってきましたです。。。



8月 09, 2019

キュウリが少しまとまって採れるようになてtきましたので、お客様の合間を縫って、ピクルスのレシピを試行錯誤しています。。

酸味と甘みの、程よいバランス加減が、なかなかむつかしいのです。。



8月 06, 2019

8月31日(土)に、ヨガ&オーガニックランチの会を開催します!

あっこ先生から、8月のヨガのテーマが届きましたので、どうぞご覧ください!

~~8月のテーマ~~

8月は暑さに慣れたように思いますが、身体の疲れは蓄積され、そして厳しい残暑が続くと秋の気配を感じる季節の変わり目に体調を崩してしまうかもしれません。

これからまだまだ続く暑さにバテないでまだまだ夏を満喫し、その後の季節の変わり目に備えるために、
ねじりのポーズで冷えた内臓をあたため、肚(はら)に力を集めるポーズ・運動でダラーっと力の抜けた身体をシャキッとさせて身体全体をスッキリさせていきましょう!

ヨガ&オーガニックランチの会では、静かな里山でのんびりとした一日を過ごしながら、一緒に心と身体を解きほぐしましょうね!

<時間>
ヨガ 10:00~12:30頃まで
ランチ会 12:30~15:00頃まで(お帰りは、自由解散です)

<参加費>
ヨガ&ランチ 3,500円(施設使用料込)
ヨガのみ   2,500円(施設使用料込)
※スイーツは別途で500円です!
8月のランチは、発汗を促すビーガンキーマカレー。スイーツは、さっぱりとした甘さの、甘酒と豆乳のジェラートを予定しています!

お天気が良ければ、深緑の中、ウッドデッキでランチをしましょうね!

<持ち物>
手ぬぐい2本

<お問い合わせ・お申し込み>
℡ 090-9669-6954(遠藤)
mail: norari@grn.janis.or.jp

<開催場所>
長野市大岡甲1791(慶師集落) 農楽里ファーム&のらCafé
大岡温泉から車で約3分
慶師入り口バス停留所から入り約500m

<沖ヨガとは?>
日本のヨガの草分け的な指導者であった沖正弘氏が、インドの伝統的なハタヨガ、ラージャヨガ、カルマヨガなどを基本に、中国の陰陽道や日本の禅、神道、東洋の伝統的医療法などを現代生活に合わせて考案した総合的、生活的、求道的ヨガです。

<講師>
☆あっこちゃぱ(傳田晃子) 沖ヨガ講師。2002年沖ヨガと出合い、沖ヨガ・松本梢先生に師事。 2005年資格取得。2010年フリーとなり、長野駅前ヨガ専門スタジオ「梢瑜伽倶楽部」ほか、市内施設、スポーツジム、ご自宅など各所で出張レッスンを開催。また、プライベートレッスンも開催中。ヨガ歴15年。
日本綜合ヨガ協会 認定講師。日本綜合ヨガ協会 認定資格



8月 05, 2019

今日も、猛暑というような暑さの一日でした。

15年前に移住をしてきたころには、ひと夏に30度を超える日は1日か2日、あるかないかというような感じでしたので、最近のこの暑さが、とても信じられません、、

でも、低温と日照不足で成長が悪かった作物たちは、一部元気になってきました!

大豆畑です。向かって右側の、少し細い葉の品種は「あやみどり」。向かって左側の大豆の品種は、「おおすず」です。

そして、この「おおすず」の方に、花が咲き始めています!

赤紫色の、小さな可愛い花ですね!

田んぼの方は、草取りがうまくいっている入り口付近の稲がとても元気です!

奥の方は、草取りというよりは、もう草刈り鎌を使って草を刈り良く、といった状態なのですが、ここ数日の暑さの中では、田んぼに入ることが出来ないでいます。

稲刈りまでには、一度は全部の草を退治してしまいたいと思っているのですが、、、ちょっと厳しいかもしれません。。



7月 25, 2019

昨日、今日と、久しぶりに晴れ間が続きました。これでしばらくお天気が安定してくれるかな、と思ったのも束の間、夕方には、スコールのような土砂降りに、、

少し土が乾き始めていた大豆畑は、また水浸しに戻ってしまいました。

一度、土寄せをしたために、畝の間にくぼみが出来て、水たまりになってしまっているのです。

田んぼの方は、ゆっくりですが、稲が育ってきています。ただ、奥の方は、やはり雑草の方が勝っていますので、まだ草取りを続けています。

7月中には、一度は全部の草を取ってしまいたいところですね、、



7月 22, 2019

今朝までの3日間、児童養護施設福島愛育園の子どもたちのキャンプ活動で、元気な16人の子どもたちに囲まれて過ごしていました。

活動のレポートは、また明日記そうと思いますが、まずは、無事福島にお帰りになったとのことで、ほっとしています。。

愛育園の皆さんや、駆けつけてくれたボランティアの仲間たちが皆さんお帰りになって、いつもの静けさが戻りました。

そこに、夕暮れ時になって、セミのひぐらしの声が、「カナカナカナ~・・・」と、響き渡りました。あっちのカナカナ、、こっちのカナカナ、、声が重なり合って、とても美しい響きでした。。

写真は、今朝見つけた羽化したての、ひぐらしです。

夕方の鳴き声には、きっとこの子の声も入っていますね、、



5月 29, 2019

一昨日までの真夏のような陽気から一転、肌寒くて長袖のシャツを着ています。でも、これが本来の5月の感じですよね、、朝晩はまだ長袖を手放せないという、、

今日もまた、中学生のホームステイが続いています。

今夜の子どもたちからは、山菜の天ぷらの「おかわり!」のリクエストを頂き、ヨモギとセリの天ぷらを追加!

生まれて初めて山菜採りをして、食べた山菜の天ぷらを「おいしい!」とたくさんおかわりをしてくれて、嬉しかったです!

そんな子供たちのお相手の合間に、まだハウスに残されているお野菜の苗を植えています。

今朝は、雨上がりということもあって移植には良いタイミングでした!

少しツルも伸び始めていたキュウリの苗を、ようやく外に出すことが出来てほっとしています。


あと残されているのは、ピクルスキュウリ、トマト類、ゴーヤ、オクラ、セロリ、フィザリスなど、、

残りの苗も、5月中にはすべて移植を終えたいです~~!



5月 26, 2019

雨が本当に少ないので、畑はカラカラに乾いています。

そんな中でも、雑草たちのたくましさには到底かなわないのですが、けなげに育っているお野菜たち!今は、サラダ系のお野菜がメインです!

サラダ菜に、、


赤水菜に、水菜、、



パープルウエーブマスタードに、ラディッシュ、、



レッドリーフレタスは、まだ小さいですね、、


あと1週間くらいで、この春最初の季節の野菜セットをお作り出来るようになりそうです!!

お楽しみに~!