Archive for 9月, 2017

9月 20, 2017

今年もようやく枝豆が旬を迎え始めました!

甘みと旨味の濃い、「さとういらず」の枝豆です!!

今だけの旬の味を、お客様と一緒にしばし楽しみたいと思います!



9月 20, 2017

農楽猫たちは、やっぱり夜行性。

家猫の場合、夜はぐっすりと眠る習性になる子もいるようですが、農楽里の子たちは半野生なので夜にハイになり活発に外を出歩いて活動しているのです!

ですので当然、お腹が空きますね、、

深夜何回もご飯を食べに来るのです。

この写真は、深夜3時。

農楽母さんの枕元に置いてありますカリカリを食べに来た時の様子です。

その気配で目が覚めて撮影をしたわけですが、、

この時間帯はとても微妙で、そのまま起きてしまうかまたもうひと眠りをするか、、、

真夏でしたら迷わずに起きて仕事を始めるのですが、今は朝6時でもまだほの暗い。。

それに気温も低いですし、、

この日は迷っているうちに目が冴えてきてしまい、結局起きてしまいました!(苦笑)



9月 18, 2017

台風一過、今朝はとても美しい虹が出てくれました!!

大きな虹で、慶師集落からでは一部しか見ることが出来ませんでしたので、大岡温泉の駐車場まで車を走らせて撮影をしてきましたです!

この虹はその後少しずつ角度を変えながらも、1時間近く出ていてくれたのでした。。。

こんなに長く姿を見せてくれる虹は、生まれて初めてかもしれません、、

虹の撮影にために乗り込んだ車で、最初に流れてきた曲が、フランク・ヒューエット氏の「KA PILINA」でした。

「カ ピリナ」とは、ハワイ語で結びつきを表す言葉で、恋人同士の愛が結ばれることに多く使われます。

この曲のサビの部分の歌詞は、

‘O KA PILINA A KAUA

‘O KA PILINA A KAUA

「KAUA」(本当は綴りのAの上に横棒が入るのですが)は、「私たち」の意味ですので、「私たち二人の愛は結ばれます」といった意味ですね、、虹の左端と右端が大きな円で結ばれている様は、恋人同士の愛が結ばれる意味にも連想されます。

歌詞には、エレパイオ、アパパネ、イイヴィという3種の鳥も登場するのですが、二人の愛がこの鳥たちに祝福されているのですね!

古代ハワイでは、虹は「架け橋」というイメージがあり、天国とハワイをつなぐものだと考えられていたそうです。ハワイ語で虹は、ānuenue(アーヌエヌエ)((古代ポリネシア語では「大きな、鮮やかな」という意味をもつそうです))、または「ao akua(アオ・アクア)」とも呼びます。「アオ」が雲で、「アクア」が神の意味ですから、「雲の神様」、、という感じでしょうか、、

 

稲刈り前の棚田にかかる虹、、

 

今日はとても素晴らしい朝を迎えることが出来て幸せでした!!

 

ハワイでは、『ハワイで虹を見ると、ハワイの神々に祝福されているから、またこの地に戻って来ることができる』と言われているそうで、いつかハワイでも大きな美しい虹を見てみたいですね!!

 



9月 16, 2017

今日は、台風前の嵐の前の静けさ、といったお天気の一日でした。

曇天ではありましたが、アルプスや戸隠連峰はうっすらとその姿を見せてくれました。

気がつくと、足元ではヒガンバナが満開を迎えていました。

本当に秋ですねえ、、

今日は、久米島観光大使のご夫妻と、やはり久米島大好きなお友達とがご宿泊です!

お客様をお迎えする準備の合間には、台風前ということで畑で少し作業をしておかないと、、、

大根の畝のパオパオを外して間引き作業をしたり、トマト等の実物の収穫をしたり、、

柔らかくて美味しそうな大根葉がたくさん採れましたです!

久米島観光大使ご夫妻のユニット「かたぶい」の皆さんは、雨が落ちてくるぎりぎりまでウッドデッキで演奏会をしてくださいました!

百年栗の大きな木の下で、エンジェルハープとキーボード、そしてリコーダーの美しい音色が響き渡り、とても幸せな気持ちに包まれました!

「かたぶい」の皆さん、ありがとうございます~!



9月 15, 2017

農楽母さんは、集落のアラウンド80のお姉さんたちが皆さん上手に小型耕運機を使いこなしているのを横目で見ながら、これまで13年間ずっと鍬一本で頑張って来ました。

それが、今日、ついに念願の小型耕運機を手にしたのです~!

農楽里に来てくれた可愛い子!(^^)

これで、アラウンド80のお姉さんたちの仲間入りです!

小型耕運機を使いますと、例えばこのように、ニンジンの畝間の除草もこなすことが出来るようになるのです!

あまり草が大きくなると草が絡まって大変になってしまうので、やはり早め早めの対策が必須ですね!!

使いこなせるようになるまで、毎日動かして慣れていきたいと思います!

 



9月 14, 2017

まだ台風の影響は出ていないと思うのですが、なんだか目まぐるしくお天気が変わる一日でした。

朝には一瞬お陽様が顔を出し、それからまたどんより曇り空に、、そして午後には一時強い陽が差してきてまた曇り空に戻って日が暮れました。

空模様を見ながら、畑作業ではニンニクの移植をスタートしました!

畑には、ハキダメギク、アカタデ、スベリヒユなどの雑草が勢いを増して伸びているのですが、それらを刈り取りながらニンニクを移植したり赤水菜の種を蒔きました。

がっかりしたのは、美味しい煮ものにしようと思っていた金時豆が草に埋もれてしまいすでに姿を消してしまっていたこと、、

もっと早くに採り上げるのだった!

後悔先に立たず、、です。。

最後に蒔いた金時の種は、今ちょうど莢が美味しい時期を迎えているのですが、これから晩秋に向けて種まで育ってくれるかどうか、、

来年は、金時豆にももっと目をかけてあげたいと思います!!

 

 



9月 13, 2017

今日は、約2年ぶりに再開しましたヨガ&オーガニックランチの会の一日でした。

久しぶりのヨガの会、チャイもさっそくご参加です!(^^)

集まりました皆さん、少し身体は固くなっていましたが!?、2年のブランクを感じさせない楽しい会となりました!

今日は徳永さんのリンゴを使いましてコールドプレスジュースとタルトをおつくりしましたです!

パスタはトマトソースのスープパスタ、サラダはキヌアとキュウリ、トマトのサラダ。

ヨガの後はヘルシーなお食事で、体の中から更にキレイになれると良いですね~!

次回は9月30日(土)10時から開催いたします!

皆さんどうぞお気軽にご参加くださいね!

お問い合わせ、お申込みは norari@grn.janis.or.jp(遠藤)に!



9月 11, 2017

今日は、トクナガリンゴ園にて年に一度のマルゲリット・マリーラの収穫の日でした。

今年は軽井沢ロンギングハウスのスタッフの女の子と、赤ちゃん連れのハナちゃんと一緒に収穫を楽しみました。

日照不足で味は薄いかもしれない、とのことでしたが、とても立派な実がたくさん生っていました!

マリーラは大きな洋ナシで重いので短時間でも結構な重労働なのですが、若い女子たちのパワーで作業を終えることが出来ました!

これから追熟をさせて、食べごろは2週間くらい先でしょうか、、

とても楽しみです!

トクナガさん、ありがとうございました!!

皆さん、どうもお疲れさまでした=!

 



9月 10, 2017

先日のこと、渋谷円山町の料亭「わだつみ」にて、初めて焙烙割(ほうらくわり)のお料理を体験してきましたです!

円山町わだつみ http://wadatsumigroup.com/

京都壬生寺の狂言焙烙割からヒントを得まして考案されました、お祝い事などの席で楽しんで頂く趣向のお料理です!

料理長の佐藤さんより説明を受けまして、小さな木槌で厄除招福と書かれました素焼きの器の蓋を割りました!

美女3人!?が木槌を持ちまして、、

いっせーのせーで、素焼きの蓋をコンッと叩きます。

蓋がパキンと割れまして、その割れた破片を一枚一枚外していきますと、、

旅立ちを祝う「いってらっしゃい」と書かれた紙が出てきました!

そしてその紙を外しますと、、、まあ、なんとも豪華な焼き八寸盛りのご登場です!!

それを取り分けまして、お一人お一人にこのような華やかな盛り付けで供されたのでした!!

もう、楽しくて美しくて美味しくて、感動しましたです!

佐藤さん、本当にありがとうございました!!

皆さんも何かお祝い事のあります時、ぜひ「わだつみ」さんで焙烙割(ほうらくわり)のお料理を召し上がってみてください!!

主賓の方に内緒のサプライズでのプレゼントなどにも最高だと思います=!

 

 

 

 

 

 



9月 07, 2017

今日も朝から雨模様です。

秋冬野菜の種まきをしなければならないのですが、なかなかお天気と畑作業とのタイミングが合いませんね、、

今の時期の種蒔きの1日の遅れは、収穫期に5日以上の遅れになるといわれていますので、早く蒔き終えてしまいたいのですが、、

外は少し明るくなってきていますので、もう少ししたら雨合羽を着て畑に出てみようかな、

それまでの間は、こうやって時々パソコンに向かいながらのトマトソース作り!です!!

じっくりコトコト!(笑)

煮込むのです!

台所にも畑にも、まだまだ煮込まなければならないトマトたちが順番を待っていますね!

台所とエプロンを赤く染めながら、ソース作りも頑張ります!