のらりっ記

1月 27, 2020

今季のトピナンブール(赤キクイモ)の、個人のお客様向けの発送は、今週いっぱい(2月2日発送分)で終了いたします。

最近はまっているのは、薄くスライスをして、さらに細い千切りにして、長ネギのみじん切りと合わせて、おうどんなどの薬味として頂くこと!

トピナンブールは、生でも蒸しても焼いても、油で揚げても、お鍋や汁物などに入れても美味しい!万能食材です!

こちらのお料理は、アルミホイルで包んで蒸し焼きにしてから、カラッと油で揚げたもの。

こちらは、トピナンブールとレンコンをすりおろして作るトピナンボールです!

ほのかな、ゴボウのような風味がとても美味しいですよ!

キクイモには、天然のインシュリンともいわれるイヌリンという成分が豊富で、血糖値の上昇を抑える働きがあると言われています。

水溶性繊維も豊富ですので、お通じがとてもよくなります!と言いますか、食べ過ぎると良くなりすぎますので、要注意!!

簡単な、お料理のレシピもつけてお届けいたします

価格は、

500g 500円(税込み・送料別途)

1k  800円(税込み・送料別途)

です。

60サイズの箱に、2,5キロ入りますので、箱いっぱいで2,000円となります。

関東、東北、北陸、東海地方で、送料が770円ですので、送料込みの合計金額が、2,770円となります。

他の地方の方の送料は以下をご覧くださいね。

お問い合わせ、お申し込みは、

メール:norari@grn.janis.or.jp

携帯:090-9669-6954(遠藤)

まで、お気軽にどうぞ!



1月 26, 2020

可愛い茶白のネコ、、、

でも、実は、ネコをかぶった柴犬だったのです!笑

「ニャンだ~??柴かア~~??」

ネコパンチ~!

ああ、、、

柴さん、ごめんなさい、、



1月 25, 2020

今朝は、昨日よりは少し気温が下がりました。

それでも例年よりはやはり暖かいです。

軒下につるしました凍み大根、カビないと良いな、、と、気にかけています。

少しずつ、凍みあがってきて小さくなってきていますね、、

今のところ、カビはなく、ほっ。。

これから蒸し干しリンゴも作ろうと思うのですが、タイミングが難しいですね、、



1月 24, 2020

今日は、まるで3月のような暖かさでした。

畑には全く雪がありません。。キクイモ(トピナンブール)の掘り上げにはとても楽なのですが、、

知人から、昭和33年も雪が少ない年だったという話を聞いて調べてみたところ、上越で昭和33年の冬は、例年の最深積雪量よりも1メートルほど少なかったそう、、それでも60センチ以上は積もっていたようです。

この冬は、その年以上に、雪が少ないまま過ぎていくのでしょうか。。

それとも、かたき((大岡の地元の人たちは、これから「かたき」が来るぞ~(これまで降らなかった分、大雪が来るぞ、というような意味)と話しています))が本当に訪れるのでしょうか。。



1月 20, 2020

まだすべての脱穀や選別を終えてはいないのですが、2019年産の大豆ミックスの販売をスタートいたします!

今回の大豆ミックスは4品種のミックスです。

ナカセンナリ、あやみどり、赤大豆、黒大豆の4品種。

カラフルで美味しい豆ごはんや、

彩り豊かなビーンズサラダなど、

簡単なレシピ付も、お付けしますね!!

普段のお料理には、200g入りスタンドパックのものを、自家製味噌をお作りになりたい方には、1kパックをお勧めいたします!

集落に暮らすアラウンド80のおばあちゃんたちから、「味噌を作るときには、いろいろな種類の大豆を混ぜた方がおいしくなるぞぃ」とお聞きして、何回か大豆ミックスのお味噌を作っているのですが、これが本当に美味しくて、お客さまにも大好評です!

個人のお客様向けの大豆ミックス1kパックは、限定10袋とさせていただきますので、味噌作りをお考えの方は、お早めにお申し込みくださいね!

価格は、

大豆ミックス 200g 500円(税込み・脱酸素剤入りスタンドパック)送料別途

       1kパック 2,400円(税込み・脱酸素剤入り平袋)送料別途

です!

詳しいお問い合わせ、お申し込みは、

メール:norari@grn.janis.or.jp

携帯:090-9669-6954(遠藤)

まで、お気軽にどうぞ!



1月 19, 2020

最近、チャイの一番のお気に入りの場所は、薪ストーブの下!

ちらほらと見えるミカンの皮は、乾燥させて焚き付けに使うためのものです。。

チビ太も入りたそうにはしているのですが、、、

ちょっとこの大きさでは、、難しいかもしれませんね、、



1月 18, 2020

今日は、凍み大根作りを始めようと、ムロに置いてある大根を出してみてびっくりしました!

農楽里のムロは、直接土の上にお野菜を並べ、その上に、ネズミ除けの杉の葉や栗のイガを散らし、さらに、ムシロとブルーシートをかける、というとても簡単な保存方法です。

お野菜を、直に土の上に寝かせているので、土から上がってくる水分に包まれて、しなびることなく、春先までお野菜がみずみずしく保たれるのだと思っていたのですが、その「土からの水分」を、大根からひげ根を伸ばして吸い上げていることが分かったのでした!

大根から伸びていたひげ根です!

水分の中には、いろいろなミネラルも含まれていますので、そのミネラルも栄養分として蓄えようとしているのですね、、すごい生命力!

このたくましい生命力を持つ大根を、2センチくらいの厚さにカットして、蒸し上げます。

それからひもを通して、、ひもは、いつもは稲わらを使っているのですが、今年は気温が高めなので少しカビが心配。。なので、ひもを使うことにしました。

母屋2階の軒下に干します。

春頃まで干しまして、凍み大根の仕上がりです!

凍み大根の煮物はとても美味しいので、ご宿泊のお客様にも喜ばれています。

今年も美味しく仕上がりますように!



1月 17, 2020

だいぶ風邪ひきを脱してきたものの、まだ少しのどの痛みと咳が残っています。そんな中でも、畑でトピナンブールの掘り上げを繰り返していますので、なかなかよくならないのは仕方がないのかもしれませんね、、例年より暖かいとはいえん、やはり今の季節、外での作業は手足がとても冷えるので、、

室内に戻っては、青大豆の選別作業を進めています。

この品種は、綾みどりという品種で、甘みが強くて、濃い鶯色が特徴です。

大豆ミックスに入れて、アクセントとなるきれいな色!

地道な作業で、根気もいりますが、何とか1月中に終えてしまいたいです~!



1月 15, 2020

気を付けてはいたのですが、やはり風邪をひいてしまいました。。

のどの痛みから始まって、頭痛、節々の痛みを広がっていき、どうもぼーっと熱っぽく、、

峠は越して、回復には向かっているのですが、まだ少し咳が出ますし、のどの痛みも残っています。

写真は、チャイのお腹に頭を乗せて休むチビ太ですが、農楽母さんは、ふかふかのチビ太のお腹に頭を乗せて休みたい気分です。。はい。



1月 12, 2020

いろいろな作業の合間に、大豆の選別も進めています。

根を詰めると疲れてしまう作業なので、時間をあけながら適当に、、

今日は、赤大豆。

この中から、ハンドピックで、くず豆を拾っていくのです。

きれいな大豆だけを集めて袋詰めするまでに、あとどれくらい時間がかかることでしょう、、、

出来れば1月中にすべてを終えてしまいたいところなのですが、、

頑張れるかな、、