雨の降らない炎天が、もうひと月くらい続いていますね、、

7月の中頃からが、この地域ではニンジンの種を蒔く時期なのですが、この陽気では、蒔いたところで芽は出ません、、

「ニンジンは、芽さえ出れば何とかなる」と言われている作物なので、とにかく発芽までの管理が大事!

そのためには、毎日のように水をあげないと、、、

畑に出るときには、体重を2キロ落とす決死の覚悟で!!??、鉢巻をして出かけます。。

その苦労のかいあってか、ニンジンの赤ちゃんが顔を出してくれていました!

こちらは、少し育った姿です。

スベリヒユの中にいるのがわかりますか?

この暑さの中で、枯れないで生きてくれている、、もうそれだけで大感動です!!

何てけなげな子たちなのでしょう!!

この子たちのためにも、雨よ、降れ~~!!

Post a comment

Name: 
Email: 
URL: 
Comments: