7月14日(日)に、映画「かみさまとのやくそく」+「いのちに感謝する夕涼みの会」というスペシャルイベントを開催いたします!

イベントの内容は、、

映画「かみさまとのやくそく」上映会+荻久保多絵さんのクリスタルボウル瞑想会+農楽里ファームでのお食事懇親会+樋知大神社正式参拝+クリスタルボウル奉納演奏会!

そして、タイミングが合えば、あの、光り輝く生き物たちのスポットにもご案内をしたいと思っております!

と、盛りだくさんの内容です!!

映画「かみさまとのやくそく」は、胎内記憶研究の第一人者、池川明医師と生まれ変わりの現象を科学的に研究する日本の第一人者、大門正幸教授のお話や、前世記憶や誕生以前の記憶を語る子どもたちを、先入観なく追ったドキュメンタリー映画です。


昨年9月には、「かみさまとのやくそく」の、エデュケーション版という、ショートバージョンの上映会を開催したのですが、今回は、フルバージョンでの上映会です!

クリスタルボウル瞑想会の荻久保多絵さんは、実は映画の荻久保監督の奥さまでもあります!

多絵さんのクリスタルボウルの音色は、とてもピュアです。

山の中でテレビのない暮らしを15年続け、耳にする音のほとんどが自然の奏でる音、、という生活を送っている農楽母さんが太鼓判を押す、本当に身体に染み入る美しい音色ですよ~!

最初の一音で、もう、違いが判ります、、

慌ただしい日常の喧騒から離れ、聖山の豊かな自然に囲まれた静かな環境の中で、

クリスタルボウル瞑想会を体験し、映画を鑑賞し、体に優しいお食事をとり、、

ブナの原生林の中にひっそりとたたずみ、水の女神さまがいらっしゃる樋知大神社さまでの正式参拝で神恩に感謝をし、クリスタルボウルの奉納演奏会を楽しみ、、、



そして、、運が良ければ、光り輝く生き物たちに会いに、神秘的、幻想的な世界へもご案内いたします。

今、生きていること、生かされていることへのありがたさに、新しい気付きが得られますよう、、

懇親会では、目に見えない世界の不思議や面白さについても、ゆったりと語り合いましょうね、、

開催日時 7月14日(日) 15時~16時55分 映画上映会  

            17時10分~20時頃まで いのちに感謝する夕涼みの会

   

会場 農楽里ファーム   

タイムスケジュール

14時30分 開場・受付開始

15時 主催者挨拶  クリスタルボウル瞑想

15時10分頃 上映開始

映画「かみさまとのやくそく」標準版上映

16時55分ごろ 終了

17時10分ごろ お食事会開始

(お料理は、オーガニック野菜で作るレッド&グリーンの2色のビーガンカレー!デザートには、やはりビーガンのアイスクリームなどを考えております)

写真はイメージです。

18時ごろ 樋知大神社へ移動開始

18時半 ご祈祷開始

19時 ご祈祷終了

19時すぎから19時半ごろまで クリスタルボウル奉納演奏

会費

・大人(中学生以上) 上映会のみ 2,000円(税込)  

・小学生以下は、上映会のみは無料です。

「いのちに感謝する夕涼みの会」は、お食事代、ご祈祷の際の初穂料、クリスタルボウル奉納演奏会含め、

・大人(中学生以上)6,000円(税込)

・小学生以下5,000円(税込)

会費は、お申し込み後3日以内に、指定口座に事前にお振込みをお願いいたします。お振り込みが確認できた段階で、受付完了となります。

今回は、神社へご祈祷参加者名簿を提出しますので、6月28日が締め切りとなります。 また、名簿提出後は、キャンセルを承ることが、できません。 当日ご列席になれない場合も、ご祈祷をしていただき、後日おさがりを郵送いたします。 ご了解の上、お申込ください。

キャンセルポリシー

神社への書類提出期限までにキャンセルした方は、無料。

それ以降の方は50% 

当日キャンセルは、100%となります。



定員 

15名様

なお、当日は夜20時頃、現地解散となります。

ご宿泊を近くでなさりたい方は、信州新町の「信州不動温泉さぎり荘」さんをお勧めいたします。(夏の時期、長野の高原のホテルは団体様ですぐ予約がいっぱいになってしまうのですが、さぎり荘さんにはまだ空きがあるようです。(6月2日現在)http://sagirisou.com/

お一人様B&Bでのご宿泊で、7,500円(税別)とのことです。

詳しくは、直接さぎり荘さんの方へお問い合わせくださいね!

農楽里ファームにご宿泊されたことのあるリピーターさんは、若干名、同宿となりますが、B&Bにて、ご宿泊を承ります。詳しくは、メールにて、お問い合わせくださいませ。norari@grn.janis.or.jp



受付は、6月4日20時に、メルマガから、開始します。

ご登録の上、お待ちくださいね!


http://www.mag2.com/m/0001681215.html



Post a comment

Name: 
Email: 
URL: 
Comments: